トップ > テーピング関連商品 > テーピング用品 > リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用)

リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用) リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用)
リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用) リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用)
拡大画像

リミットレス・ボディバランス・テープ(身体用)

価格 : 4,818円(税抜4,380円)
内容量:15回分(3シート)
ポイント : 48
数量    残りあと80個
 

1万円(税別)以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
内容量:3シート(15回分)

テープ使用の目安:2日で1マーク

・説明書(カード型+説明資料)



かぶれや傷を防ぎ、清潔を保つためにこまめに交換していただくことをお勧めします。 

※本商品は医薬品・医療機器ではありません。



【リミットレスボディバランステープとは?】

「運動機能を高めたい」 

「怪我をせずにスポーツがしたい」

「大会で好成果、高成績を出したい」 



健康的な体作りを目指す方、そしてアマチュアからプロアスリートまで、すべての方の運動機能の向上を可能とするサポートテープです。



【お臍(へそ)から変える からだのシステム】

リミットレスというテープ名の通り、このテープをお臍(へそ)に貼ることであなたの身体にある動きの制限を一瞬でなくし、より快適にそしてスムーズに身体を動かし、怪我などのリスクを軽減するお手伝いもすることができます。

毎日の運動とスポーツに「輝き」と「積極性」を!

硬い身体から柔らかい身体に、そして怪我なく安心安全に楽しく運動やスポーツをする。リミットレス ボディバランステープは、あなたを力強くサポートする運動機能向上テープです。



【効果的な使用部位】

・お臍・・・体幹バランスを整え、美しい姿勢を手に入れたい方に。

・足(足首)・・・関節、筋肉の動きの制限から解放され、動作がスムーズになる。からだの体重を支える機能が回復し、歩き方も変化。より整った状態へと導き、維持するはたらきがある。

・背中・腰・・・からだを曲げる、振り返る、反らすといった動作に制限がかかった状態からの回復が可能。



【使用方法】

《1》体幹の場合


まず、おへその左右端の皮膚を片側ずつ横に軽く引っ張り一旦止めてからサッと放してみる。

体幹や身体のバランスが正常でない場合、引っ張って放した皮膚は左右のうちどちらかが素早く戻り、もう片方はゆっくり戻るのが確認できる。

素早く戻る側に、リミットレスボディバランステープをおへその端に対して5弌1僂隆屬魘け縦方向に垂直に貼る。

正しく貼れたら、瞬時に体の体幹は変化する。歩き方が変化し、腕の上げ下げがスムーズになり、身体の左右バランスと重心の位置が安定するのを感じることができる。徐々に左右に振れていたおへそが身体の中心上に近づき、体全体の動きも柔らかく滑らかになる。

リミットレスボディバランステープを継続的におへそに貼ることによって、体幹と身体のバランスが正常になり、おへそも身体の中心上に位置し、将来において外観的にも(見た目的にも)美しいスタイルを手に入れ、体幹や筋肉の質においても素晴らしい状態を身に付けることが可能になる。



《2》足首の場合

順序 まず自身の足首の4方向の動きを確認する。

  内側に足を傾けたり、回したり動かしにくい 

  外側に足を傾けたり、回したり動かしにくい 

  足先方向に足を傾ける、または動かしにくい(アキレス腱を伸ばしにくい、背屈)

  足首方向に足を傾ける、または動かしにくい(底屈)

順序 順序,4方向の動きを確認した後、どの方向の動きが一番制限あるのかを確認し、一番制限のある方向に対してリミットレス ボディバランス テープを貼る。

順序 正しく貼れたら、瞬時に足の動きは変化する。足を中心とした足首の動きは柔らかくなり、動きの制限があった方向はスムーズに動き、立つときの姿勢、歩く時の動作、身体の重心位置や左右バランスが安定するのを感じることができる。

順序 継続して使用することにより、足と足首の動きや可動域の状態が安定する。それによって足や足首の部位における怪我への不安が解消され、より快適な日常生活や競技生活をおくることができる。



《3》背中・腰

,らだの曲げ伸ばし、反らすといった動作を行った際に、動かしづらい、動きが固いと感じる部位を把握する。

背骨でいえば、骨の配列の一部にズレが生じていると、からだを曲げにくい、動きが固いと感じる。左右で特に動かしづらい側に、テープの窪みを骨の方に向け、5mm〜1僂隆屬鬚△韻峠鎚向に垂直に貼る。

※右側に骨が突出している場合は、右側に。左側の場合は、これとは逆の向きに貼る。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ